コラム

審美歯科 2016/10/25

銀歯が気になる!上手に隠す方法はありますか?〜 恵比寿、伊勢原のピュアグループ〜

セラミックを被せれば銀歯は見えません
銀歯や詰め物を目立たなくする新しいスタイルの審美歯科技術

銀歯をセラミックにしたい患者さんは殆どが、見た目が気になるという理由で来院されます。一言に銀歯といっても、虫歯を削って詰めた銀歯と、神経を取って被せている銀歯の2種類があり、どちらも単に被せ変えればよいというものではありません。

まず、虫歯を削って詰めた銀歯。被せた下がどうなっているかはご存じですか?銀歯の下では、多くのケースで虫歯が進行しています。見た目の問題だけではなく、歯を失わない為にも、まずは銀歯の下の虫歯治療から行わなくてはなりません。

神経を取ったうえで銀歯を被せている場合は、歯の根に芯棒が装着されています。それにより歯の根と芯棒の境目から細菌が入り込み、根の先に膿が溜まっていることもあります。この懸念点のために、レントゲンを撮って根尖病巣があるかどうかを確認し、場合によっては根管消毒をしなくてはなりません。根管がきれいになったうえで、グラスファイバーの芯棒を立ててセラミックを被せます。これによって虫歯になりにくく、耐久性も高くなります。

銀歯の中は虫歯が浸食!?
セラミック素材なら完全密封が可能に


一般的な銀歯の被せ物は、パラジウム合金といい、条件次第では腐食してしまうといわれています。金属と歯を完全に接着することはできません。そのためセメントが崩壊すると、その隙間から雑菌が侵入し、内部が虫歯に浸食されてしまうのです。

口の中は常に湿潤状態で、糖分・塩分・酸にさらされている上に、温度も30℃以上とばい菌にとって最高な環境ですが、金属にとっては一番腐食しやすい厳しい環境です。口の中の状態によっては、その金属から金属イオンが流れ出し、長い年月を経て様々なアレルギー等の疾患を引き起こすともいわれています。

それに対してセラミックは、正確な手順で治療を行えば歯と完全に接着することができる非常に素晴らしい材料です。歯とセラミックが完全に装着していれば内部に水分やばい菌が入り込めない状態になり、再び虫歯になりにくくなります。つまり、セラミックは耐食性が高く、アレルギー反応もない体に優しい素材なのです。

歯の内部に潜む虫歯は高機能型セメントで徹底除菌

歯の内部に虫歯を残したままセラミックを被せると、せっかくセラミックを詰めても内部ではまた虫歯ができる可能性が高くなります。そこで、う蝕検知液を使用し、徹底的に虫歯を除去することと、徐々にフッ素そ放出したり、セメント自体が虫歯を殺したりする作用がある高機能型のセメントを使用すると良いでしょう。

しかし、歯の内部は象牙質といって管の構造になっています。これれにより毛細管現象によって深い部分にまで虫歯が侵入することもあります。虫歯が入り込んでしまった時は、オゾンガスを使って除菌を行ったり、抗生物質を3種類混ぜた薬を塗る3MIXMP法を行います。そしてセメントで蓋をして、歯の内部の菌を完全に除菌しなくてはなりません。虫歯が小さい場合は、セラミックではなく、コンポジットレジンという素材でも治療が可能です。

最新セラミック素材と熟練の技術で完成する見た目も自然な白い歯

近年、ナノテクノロジーの進歩により、レジンの物性が大幅に向上しました。これによって機能的にも審美的にもとても満足できる治療が可能になりました。

その耐久性は、最近のセラミック素材は以前と比較すると強度と耐久性が格段に上がっり割れにくくなりました。また、審美的にもかなり綺麗になりました。硬さにおいても天然の歯の硬さに近くなり、顎への負担も少なくなっています。

きちんとした治療と高クオリティで審美的な仕上がりを手にするためには、多くの知識と美的センス、そしてなんといっても熟練した技術が要求されます。同じセラミックを使って治療を行っても、医師の技量が違えばもちろん仕上がりにも大きな差が出てきます。熟練した技術を持った医師による治療があなたに満足の結果をもたらすと言っても過言はないでしょう。

審美・セラミックのご相談はPUREグループへ
東京の方は恵比寿院へ
http://www.dc-pure.com/ebisu/service/cosmetic_dentistry

神奈川県の方は伊勢原院へ
http://www.dc-pure.com/isehara/service/cosmetic_dentistry

こんな記事も読まれています