コラム

矯正歯科 2017/02/15

インビザラインと他のマウスピース矯正との違いとは?~恵比寿・伊勢原 歯科歯医者のPUREグループ~

画期的な歯科矯正システム、インビザライン。

「目立たない」「痛くない」「違和感が少ない」など、多くのメリットがあることについてはご理解頂けたことでしょう。
これだけインビザラインのご紹介をしていると、マウスピース矯正=インビザラインと思ってしまいがちですが、実はそうではありません。
マウスピース矯正にはインビザラインの他にも種類があるのです。

今回は、一般的なマウスピース矯正との違いをわかりやすくご紹介します。

歯に固定させるワイヤーやブラケットを使用せず、着脱可能なマウスピース型の装置で歯を動かす矯正治療法を「マウスピース矯正」といいます。
矯正中も食事や歯磨きなど日常生活に支障が少なくすむマウスピース矯正は、一般的にどれも透明で同じような形に見えます。
しかし、その製作工程や治療期間によって治療の効果は大きく違うのです。

インビザライン以外のマウスピース矯正には、「アソアライナー」や「クリアアライナー」など各種あります。
これらは歯が動くにつれて、その都度歯型を採取し、次の段階のマウスピースを製作しなくてはなりません。

一般的なマウスピース矯正の歯型取りは、半月~1ヶ月に1回行われます。
歯型を取ったことがある方はご存知かと思いますが、大きなトレーをくわえて数分間待つのは結構大変ですよね。

また、マウスピース製作には歯科技工士が携わります。
1つずつが手作業のため、歯科技工士の技術も矯正の効果を左右する要因の1つです。

そして、一般的なマウスピース矯正は、歯を動かす毎に状態を確認しながら治療を計画します。
受ける側としては、どれぐらいで矯正治療が終わるのか明確でないのは、少し不安を感じるかもしれません。

これに対してインビザラインは、上記に挙げた点が大きく異なります。
まず、マウスピース製作についてですが、歯型取りは1回だけです。
取った歯型と治療計画をアメリカへ送り、全ての段階のマウスピースは一括でコンピューターを使って精密に作られます。
コンピューター処理でのシミュレーションを基に製作するため、予知性が非常に高く、確度の高い計画を立てることが可能です。

これにより、今までのマウスピース矯正では困難と判断されてきた様々な症例にも対応できるようになりました。
また、一度に使用するマウスピースを全て製作することで、マウスピースの個数が最初に分かるため、おおよその治療期間を予想することもできます。

このように、やはり従来のマウスピース矯正と比較しても、インビザラインはメリットが多いといえます。
もっと詳しく知りたい方は、是非当医院の無料カウンセリングをお越しください。


 


インビザラインなど矯正のご相談はPUREグループへ

東京の方は恵比寿院へ

http://www.dc-pure.com/ebisu/service/orthodontic

神奈川県の方は伊勢原院へ

http://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic

こんな記事も読まれています