コラム

矯正歯科 2017/02/15

治療後の後戻りをしないためには?~恵比寿・伊勢原 歯科歯医者のPUREグループ~

これまで様々なインビザラインのお話をしてきましたが、今回はインビザラインだけでなく、他の治療法にも密接に関わる「後戻り」についてご紹介したいと思います。

「後戻り」とは簡単に説明すると、矯正の治療後に歯並びが元に戻ってしまう事です。
せっかくキレイに揃えたばかりの歯並びも、元に戻ってしまっては意味がありません。
長い時間と費用も水の泡となってしまうのは非常に残念ですよね。

そもそも矯正とは、今の歯並びに対して一定の負荷をかけることで歯を移動させ、歯の並びを矯正していくという医療行為になります。

そのため、治療が終わり矯正装置を外して負担がかからなくなった歯は、矯正をする前の歯の位置へ戻ろうと動いてしまいます。
これは、矯正に望む誰しもが避けたいことで、そのために治療後はリテーナーと呼ばれる保定装置を使用します。

まず前提として、なぜ「後戻り」が起きてしまうのでしょうか?

第一の理由に、歯は動き続けるものだからです。
歯というものは、微細ながら常に位置や形が変化し続けるものです。

ですので、ずっと同じ場所に同じ形でありつづけるというような事は、ワイヤー矯正治療などで固定しない限りありません。
歯の高さが変わった人もいれば、位置が変わったという人もいます。

睡眠中の歯軋りや食いしばり癖、あごや舌の習慣的な動きなども影響している場合もあるといわれています。
顔周りが痩せたり、親知らずを抜いたりなど、歯の変化の原因はいくつも挙げることが出来ます。

それはもちろん矯正をした人にも当てはまります。
治療が無事に終わり、キレイな歯並びを手に入れたからといってそのまま何もせずにいると、上記のような歯の変化が起こるので、後戻りにつながってしまいます。

アフターケアを怠らない事が、キレイな歯並びをキープする鍵となるので、矯正を考えている方・矯正中の方は、今からでも念頭に置いて矯正計画を立てると良いでしょう。

次に、「後戻り」をしないためにはどうすればよいのでしょうか?
その答えは簡単で、矯正後のアフターケアをしっかりおこなうことです。

矯正には治療後に元に戻らないよう、先ほど述べた保定装置である、リテーナーを着けます。
リテーナーを着けることで安定した歯並びへ導き、後戻りを防ぎます。

後戻りの原因として一番多いのが、リテーナーの装着の怠りだといわれています。

長かった矯正がやっと終わった!という安堵感から、アフターケアをさぼってしまう方も少なくないのが実際のところです。

しかし、裏を返せば、しっかりリテーナーを着けていれば、後戻りが起きるのを大幅に防ぐことができるのです。

当院ピュアではリテーナーの使い方などの指導を含め、患者さまに寄り添ったアフターケアをしていきます。
お気軽にご相談ください。

 

 


インビザラインなど矯正のご相談はPUREグループへ

東京の方は恵比寿院へ

http://www.dc-pure.com/ebisu/service/orthodontic

神奈川県の方は伊勢原院へ

http://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic

こんな記事も読まれています