コラム

矯正歯科 2017/02/15

インビザラインと虫歯の関係~恵比寿・伊勢原 歯科歯医者のPUREグループ~

歯並びをキレイにするため、当院ピュアでも矯正治療にインビザラインを選ぶ方が多くなってきました。
その際に、患者さまの多くが気がかりにされるのが「虫歯」の存在です。

インビザラインは、治療で使うマウスピースをすべて最初の段階で作成します。

虫歯があったり、歯周病であったりして、治療途中で歯形の変化があると、マウスピースが合わなくなり矯正の妨げになります。
マウスピースが無駄になると、最初からやり直しになってしまうので、そういった口内トラブルは矯正に望む前に治療を済ましておくのが通常の治療の流れとなります。

ですが、せっかく矯正前に口内トラブルを治しておいても、治療中に虫歯になる可能性は十二分にあります。
どれだけ矯正に望む前に充分な予防や治療をおこなっていても、矯正中に丁寧に歯みがきをしていても、再び虫歯にはなることは誰でもありえます。

では、インビザラインの治療途中で虫歯になった時どうするべきなのでしょうか?

まずは、虫歯の大きさ・虫歯の進行具合によっては、矯正中でも治療可能なものがあるということです。
具体的には、簡単な治療で済む、小さめの虫歯なら可能になります。
詰めものなどをすると、歯形が変わりマウスピースが合わなくなってしまいますが、詰めものなどが必要ない程度なら、治療可能であることが殆どです。

今までのワイヤーなどを使った治療だと、矯正器具の取り外しが容易ではないため、虫歯の治療ができなかったり、治療が困難なこともありましたが、インビザラインはマウスピースを自身で簡単に取り外せるので、虫歯治療がしやすいといえます。

また、歯列の影響で隠れた箇所にある虫歯が、矯正により現れる場合も少なくはありません。
虫歯治療をスムーズにおこなうなら、今までの矯正方法よりインビザラインが向いてるといえるでしょう。

それとは逆に、矯正中の虫歯治療が難しいケースもあります。
大きく歯を削らなくてはならない場合や、詰めもの・被せものをしなくてはならない場合などは、歯形が非常に変わるので治療できません。

そうなると、治療計画からやり直す必要があるので、再度型を取り直して新しくマウスピースを作ります。
歯を大きく削るケースなどは、その後のインビザラインの再開が簡単ではないので注意が必要です。

通常であると、矯正に望む前に虫歯の治療は終らせておくのが先決ではありますが、どんなに丁寧な歯磨きや口内ケアをしていても、虫歯になってしまうことはあり得ます。
マウスピースの取り付けが簡単であるという、インビザライン最大のメリットを活かし、毎日歯とマウスピースのお手入れをおこない、虫歯予防に力を入れ、理想の歯並びを手に入れましょう。

当院ピュアでは、正しい歯の磨き方からご指導いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
基本的に一定期間内の治療は無料ですのでご安心ください。

 

 


インビザラインなど矯正のご相談はPUREグループへ

東京の方は恵比寿院へ

http://www.dc-pure.com/ebisu/service/orthodontic

神奈川県の方は伊勢原院へ

http://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic

こんな記事も読まれています