コラム

矯正歯科 2016/12/11

インビザラインの魅力とは~恵比寿、伊勢原のピュアグループ~

歯の矯正と聞いて、歯の表面に銀や透明のワイヤーの付いた金属の矯正装置を付けている姿を思い浮かべる人は少なくないはず。
この矯正方法は「表側矯正」と呼ばれ、昔はこの方法が一般的でした。
その後、白や透明の目立ちづらい矯正装置が浸透しだしました。
さらには、その矯正装置を歯の表面ではなく裏面に付けることで、人目を気にしないで歯の矯正が行える「裏側矯正」という方法が出来るようになりました。

近年、だんだんと見えにくくなるよう進歩し、歯の矯正の最新治療法が出来るようになりました。
それは、マウスピース矯正とも言われる「インビザライン」です。

このインビザラインという治療法は、マウスピースを使い歯を矯正していきます。
画期的で人気が高まっているインビザラインは、目立たせずに歯を矯正できるという点ではこれまでの裏側矯正と同じですが、大きく違う点が複数あります。
今回はインビザラインのメリットを挙げながら、その違いのいくつかを紹介していきます。

大きく異なる点は、使用する装置についてです。
従来の表側矯正や裏側矯正は、ワイヤーを使用した金属装置を使用します。
それに対してインビザラインは、透明な素材でできたマウスピースを使って歯を矯正します。
マウスピースによる治療法は、金属アレルギーに対しての不安、食事の際の不安などの色々な不安点が解消できず、今まで歯の矯正を躊躇していた方にもオススメになります。

また、矯正するときの痛みにも違いがあります。
ワイヤーを使用した矯正方法だとワイヤーが引っ掛かり、口の中が傷付く可能性がおおいにありますが、マウスピースの場合はその心配がありません。
さらに、マウスピースは全ての歯を利用するので力が程よく分散され、痛みも同時に分散し軽減していきます。
はじめは痛みが心配と思っていた方も、インビザラインをしてみると痛みを感じないと驚かれる場合が多いです。
矯正に痛みは付き物というイメージも、インビザラインなら払拭できるのではないでしょうか。

今回紹介したインビザラインと従来の矯正方法との違いはほんの一部で、インビザラインの魅力はまだまだ存分にあります。
歯の矯正に興味がある、または矯正を考えているという方、インビザラインについてもっと知りたいなどという方は、気軽に当院へお問い合わせ又はお越し下さい。
当院は、どなたでも通いやすいようにバリアフリー設計となっております。
また、伊勢原院ではキッズルームも完備していますので、車椅子の方・お子様がいる方もストレスなく通院いただけます。

インビザラインなど矯正のご相談はPUREグループへ
東京の方は恵比寿院へ
http://www.dc-pure.com/ebisu/service/orthodontic

神奈川県の方は伊勢原院へ
http://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic

こんな記事も読まれています