コラム

矯正歯科 2016/12/11

インビザラインはこんな人に向いている~恵比寿、伊勢原のピュアグループ~

歯の矯正の最新の治療法である「インビザライン」がどんなものなのか、皆さんはご存知でしょうか?
インビザラインとは、矯正装置としてマウスピースを使い、従来のワイヤーを使う矯正方法とは違うアプローチの仕方で歯を矯正します。
このインビザラインが、どのような人に向いている治療方法なのかを紹介していきます。

1、目立せずに歯を矯正したい方
日常の中でどうしても人目に触れてしまうのが「歯」です。
話している時、笑った時、仕事上での一面など。
矯正をしている、またはしたい理由は非常に様々だと思います。
ですが、歯並びを直したくて矯正を行うのに、矯正自体がバレてしまうということを不快に思う人も少なくはありません。
そして、表側矯正をしてはいけないという仕事があるのも事実です。
そこで、インビザラインは従来の矯正治療と異なり、周りの人にほとんど気づかれずに歯の矯正を行えるので、矯正は目立つからなぁ、、、と考えている方には非常におすすめの治療法です。

2、金属アレルギーの方
従来の矯正治療では、金属のワイヤーを使うので身体に負担がかかることがあります。
それに比べて、インビザラインは金属を使わないので、傷や口内炎のリスクや負担が小さく、身体にとても優しい矯正方法です。
口の中や舌が切れてしまう、傷付いた所から口内炎につながってしまうなどと心配に思うことはほとんどありません。
また、金属アレルギーだから矯正を断念したという方も、安心して歯を矯正できます。
さらに、ワイヤー治療であると、歯を動かすときの隣の歯への負担はとても大きいですが、インビザラインでは歯全体で力を受け分散させるので、歯自体へのダメージが少ないのも、身体に優しい点です。

3、今まで通り食事を美味しく楽しみたい方
ワイヤーでの治療法だと、硬い物や絡まり易い物を食べると装置の破損の心配があります。
しかし、インビザラインはマウスピースなので、歯からの着脱が簡単にできます。
なので、食事のときだけや歯を磨くときだけなど、取り外しが簡単なので装置の破損の心配はありません。
これまでと同じように食事を楽しむことができることは、最大のメリットになるでしょう。
そして、これまでと同じように、歯ブラシや歯間ブラシなどを使っての歯磨きが可能です。

今まで矯正したいけど不安要素があって断念した方や、それ以外にもこれから矯正をしてみようかなという方などがいましたら、今回紹介したものをぜひ参考にしてみてください。
この機会に当院でのカウンセリングを受けてみませんか?気軽にお待ちしております。

インビザラインなど矯正のご相談はPUREグループへ
東京の方は恵比寿院へ
http://www.dc-pure.com/ebisu/service/orthodontic

神奈川県の方は伊勢原院へ
http://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic

こんな記事も読まれています