口腔外科

口腔外科とは

口腔外科とは、口腔、顎、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性疾患を診断、治療する歯科診療科です。
この領域には歯が原因のものから、癌までさまざまな病気があります。

また交通事故やスポーツなどの外傷や顎変形症、唾液腺疾患などに加え、口腔粘膜の疾患や神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。

この領域の疾患により正常な咀嚼機能、構音機能が障害をきたし、また審美的障害までも生じます。
治療を行うことにより失われた機能や形態の回復、症状の緩和を行うことを目的としています。

顎関節症

顎関節症とは顎関節および顎を動かす筋(咀嚼筋)の痛み、口を開け閉めするとき関節雑音がする、また口が開きずらい・閉じずらいなど顎の運動異常があるなど、これらの症状を総括して顎関節症といいます。

またこれらのうち1つでも症状があれば顎関節症と診断されます。

その症状とは・・・?

顎関節症には、下記の様ないろいろな病態があります。

1.顎を動かす筋(咀嚼筋)の障害
歯軋り、くいしばり、あるいは硬いものを好んで食べるなどの過度な顎の運動により顎の筋肉が虚血(血のめぐりがわるくなる)状態になり、慢性の筋疲労により痛みが生じる。

2.顎関節の関節包・靱帯の障害
顎関節の靭帯や関節包に過度な力が加わり顎関節の捻挫を起こし、顎を動かすときのいたみを生じる。

3.顎関節のクッションの役割をしている関節円板の障害
顎関節の運動におけるクッションの役割をしている関節円板が前方にずれることにより口の開け閉めのときに関節雑音(関節音*1)や口が開かなくなる(急性ロック*2)また、口を開けると痛む(関節痛)、など多岐にわたります。

*1.関節音には、シャリシャリやゴリゴリという捻発音(crepitus)と、カクンという弾撥音(clicking)とがある。ともに関節の軟骨の擦れる音です。
*2.急性開口障害は早期治療がのぞましいです。

4.顎関節軟骨および骨の変形
関節円板に障害がある経過の長い顎関節症、あるいは加齢変化などにより顎関節の軟骨や骨組織に変形が生じる。
ただし加齢変化による関節の変形ではなにも症状がないことがあります。
これらの病態が単一、あるいは重なっていろいろな症状がおきます。

治療法は・・・?

問診、触診、画像精査など行い、症状と病態により治療法を選択していきます。

1、スプリント療法:マウスピースを用いて顎関節組織および周囲筋肉の安定・回復を行う治療法
2、理学療法:筋マッサージや顎の可動練習
3、パンピングマニプレーション療法関節腔洗浄療法+顎の可動運動療法
顎の関節に注射を行い関節の可動拡大・疼痛等の緩和を目的に行います。
4、薬物療法
5、対処療法
外傷性などで打撲と診断される場合などこれらの治療法より病態にあった治療法を選択していきます。
たとえば、急性の開口障害の場合などロックを解除するために理学療法および関節腔洗浄療法などを行います。

筋痛および関節痛、慢性症状の場合には、マウスピースによる顎および筋肉の誘導や緩和によって加療します。
急性の場合には、早期治療が大事です。
急に口が開かなくなったなどの症状がある場合にはご相談ください。

嚢胞(のうほう)とは

からだのなかに形成された病的な袋状のものを嚢胞(のうほう)といいます。
一般にそのなかには液状の内容物が入っており、ほとんどの嚢胞は、その内側が上皮によっておおわれています。
ここで扱うのは、あごの骨のなかにできる嚢胞と、口腔の軟組織に発生する嚢胞で、成り立ちから先天性のものと後天性のものがあります。 お口全体のレントゲンを撮影するとわかることが多いです。

口腔粘膜疾患

口腔粘膜疾患とは舌・頬・歯肉・口蓋などの粘膜から発生する病気です。
口の中には種々の口腔粘膜疾患が発生します。

アフタ性潰瘍(口内炎)
最も一般的な口腔粘膜疾患です。
直径数ミリのやや白みがかった口内炎で周囲は赤く痛みを伴います(アフタ)。
特に心配な病気ではありませんが、まれに、ある種の全身疾患の一部として生じる場合もあります。
再発性アフタといってアフタが繰り返しできる方もいます。
その他にも、カンジダ性口内炎・義歯性口内炎・ウイルス性口内炎などさまざまな種類の口内炎があります。

白板症
口腔粘膜(頬粘膜、舌、歯肉)にみられる白斑を呈する病変で、こすっても剥離(はくり)しないものをいいます。病変に伴う自覚症状はなく、粘膜より一層隆起した白色もしくは灰白色を呈しています。
癌になる可能性があり、前がん病変の代表的なものとされています。
治療はしこりや潰瘍をともなったものは初期がんが疑われるため、必ず組織をとって調べる必要があります。長期の観察が必要です。

口腔扁平苔癬(へんぺいたいせん)
皮膚や粘膜にできる、角化性で炎症をともなう難治性の病変です。
口腔(こうくう)では頬粘膜(きょうねんまく)や舌、さらに口唇(こうしん)にもできやすく、白い粘膜疹(しん)がレース状にみられ、周囲に発赤を伴うのが特徴です。無症状である場合もあるが、接触痛や食べ物がしみたり自覚症状がある場合もあります。
前癌病変(癌になる可能性がある)であるため経過観察が必要です。
代謝障害などの関与が考えられていますが、正確な原因は不明です。
治療は、局所薬物療法になりますが、アレルギー・喫煙などの対処療法も行います。
病態によっては組織検査を行う必要があります。

口腔カンジダ症
おもにカンジダ・アルビカンスという真菌(カビ)によっておこる口腔感染症です。
急性型と慢性型があり、口腔粘膜の痛みや味覚に障害が出ることもあります。
急性型である偽膜性カンジダ症は灰白色あるいは乳白色の点状、線状、斑紋状などの偽膜が粘膜表面に付着しています。
この白苔をガーゼなどでぬぐうと剥離可能ですが剥離粘膜面は発赤ないし、びらんを呈します。
病変が慢性に経過した肥厚性カンジダ症では白苔は剥離しにくくなり上皮の肥厚を伴うようになります。

粘膜疾患(水泡性)

ヘルペスウィルス感染症
口唇や口腔粘膜に疼痛を伴う小水泡が発症する(ヘルペス)や三叉神経の走行に沿って神経様疼痛、知覚異常を伴う小水泡が多発する(帯状疱疹)がある。

天疱瘡(てんぽうそう)
全身的に水泡を生じる疾患であるが、口腔内に初期症状を示すことが多く難治性の疾患である。
口腔粘膜に小水泡を生じ、水泡は早期に破れびらんとなる。
全身的および局所的な薬物療法が必要となる。

舌炎
口腔内乾燥やビタミンの欠乏、鉄欠乏性貧血などにより舌粘膜の委縮、びらん、紅斑などを生じる。
病態によっては接触痛、味覚障害などが生じます。

その他にも、様々な口腔粘膜疾患がございます。臨床的に遭遇する機会の多い疾患を紹介しました。
少しでも気になる症状がある場合は、ご相談ください。

デンタルクリニック ピュア伊勢原

住所
神奈川県伊勢原市板戸 267-6
アクセス
小田急線「伊勢原駅」※駐車場有り
伊勢原駅北口より神奈中バス(伊54・58・59系統)
1番乗り場乗車、板戸バス停下車0分

△14:00~17:00
月~金 9:30~19:30        土 9:30~17:00        休診日:水曜・日曜・祝日

親知らず治療
一般歯科
審美歯科
ホワイトニング
入れ歯
インプラント
矯正歯科
口腔外科
小児歯科
予防歯科
美容
訪問(在宅)歯科
有病者歯科