インビザライン

プラセンタ(ラエンネック P.O.)

ヒアルロン酸注入

アンチエイジング、疲労回復、美肌・肌荒れ解消、アレルギー症状の緩和など、様々な効果が期待できるプラセンタ美白、誰もが羨む赤ちゃん肌を手に入れてみませんか?

プラセンタとは

胎盤のことをプラセンタといいます。母親の体内で胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器ですが、もともと女性の体に備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床して初めてつくられる臓器であり、役目を終えると出産とともに母体外に排出される短期的な臓器です。
受精卵は、わずか10カ月の短期間に重さ約3kgもある赤ちゃんへと成長しますが、この驚異的な生命を育むのが胎盤の役割です。
胎盤の薬効は世界中で古くから注目され、とりわけ滋養強壮薬、若返りの薬として珍重されており、多数の漢方薬等にも配合されてきました。

プラセンタの歴史

クレオパトラやマリーアントワネットもプラセンタを愛用していたといわれています。若返りと美容効果に着目されていたからです。
またマリリンモンローやオードリーヘップバーンも老化防止や美肌効果のためにプラセンタを使っていたといわれています。
日本においても不老長寿の薬として使われ、戦争時代の食糧不足の時代、妊産婦の母乳分泌不足対策として研究開発されてきました。
さらに現在では研究・開発が進み、体内において調整作用をもつプラセンタはその自然治癒力を高める薬として、医薬品や化粧品などに利用されています。
更年期障害の治療薬である「メンスモン」、肝硬変治療薬の「ラエンネック」が認可を受け、医薬品として発売されています。

プラセンタのミニ知識

プラセンタの成分

プラセンタ(胎盤)の中に含まれている有効成分
タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、様々な酵素、様々な細胞増殖因子やサイトカイン など

アンチエイジング

アンチエイジング=老化防止、若返りを意味する言葉ですが、老化が原因でおこる病気が近年増え続けています。
外見はもとより内面からもいつまでも若々しく健康な体づくり…。プラセンタは、アンチエイジングとしてもその一役を担っています。
一般に年を重ねるにしたがって、全身の機能が低下していきます。
これは一つの器官の機能が低下している状態とは異なるため、単一の効果を期待して研究開発された薬剤によっては治療することができません。プラセンタは多数の生理活性物質が自然のままの状態で混和しているため、全身の器官の機能低下を補う力を持っています。
また、老化の大きな特徴は、全身の細胞数の減少です。
様々な細胞増殖因子を合成・分泌して胎児を育むプラセンタは、新しい細胞を作って老化した身体を細胞レベルで若返らせます。

プラセンタの美肌作用

美白
シミの元であるメラニン色素の生成を抑えるとともに、シミ・くすみを取ります。
保湿
高い保湿力で、長時間しっとりとした肌を維持します。
細胞の増殖再生
ダメージを受けた細胞を修復し、新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常化し、健康な肌を作ります。
コラーゲンの生成促進
肌の弾力を決めるコラーゲン生成を支えます。
血行促進
末梢の血行を促し、冷え性を改善したり健康で美しい肌を作ります。
抗酸化作用
老化の原因となる活性酸素の発生を抑えたり中和したりします。
抗炎症作用
ニキビや赤み、かゆみなどの炎症を抑えます。
抗アレルギー作用
免疫システムを調整回復し、アレルギー反応を抑制します。
免疫賦活作用
免疫力を高め、強く健康な肌を作ります。
アミノ酸の補給
皮膚細胞のエネルギー代謝を高め、細胞再生の材料を補給します。

プラセンタ療法の効果

胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を、注射、内服などにより治療に用いる療法の総称を“プラセンタ療法”といいます。
新陳代謝を促進、自律神経やホルモンのバランス調整、免疫・抵抗力を高める等、様々な薬理作用をもっています。

歯科
歯槽膿漏、歯周病、顎関節症
内科系
肝機能の改善・肝炎・肝硬変、慢性胃炎、胃潰瘍、胃弱、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、糖尿病、高血圧、低血圧、気管支喘息、慢性気管支炎、貧血、慢性疲労、習慣性便秘
婦人科
更年期障害・動悸・息切れ・不眠、月経困難症の改善、便秘、冷え性、生理痛、不妊治療、乳汁分泌不全、高プロラクチン血症
皮膚科
アトピー性皮膚炎、発毛促進、じんましん、湿疹、ケロイド、シミ、そばかす、しわ、たるみ、ニキビ、美容・美白・若返り
耳鼻科
アレルギー性鼻炎、メニエール病、花粉症
整形外科
慢性関節リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩、肩こり等
泌尿器科
前立腺肥大、膀胱炎
眼科
角膜炎、アレルギー性結膜炎、視力低下、白内障
精神神経科
うつ病、神経症、自律神経失調症、不眠症
その他
精力増進・滋養強壮、疲労倦怠改善、男性・女性ホルモンバランスの調節、虚弱体質、病中・病後の体力回復、強壮、風邪予防

当院のプラセンタ治療

当院のプラセンタ治療では「ラエンネック」を使用しております。
ラエンネックとは、プラセンタを使用した薬品を製造している会社、またはその商品名のことを指します。
ラエンネックのプラセンタ薬品には、内服タイプと注射タイプがあります。内服タイプのプラセンタは、「ラエンネックPO」と言います。
ラエンネックPOは、サプリメント感覚で服用できるというメリットがあります。
効果としては、疲労回復、美肌・肌荒れ解消、アレルギー症状の緩和などが挙げられます。

市販のプラセンタサプリメントもたくさんありますが、ラエンネックは製薬会社が製造しているだけに、市販品よりも効果が期待できます。
プラセンタ注射も内服のラエンネックPOと同様の効果ですが、注射な分効き目も早く、確実性の面でも上回っていると言えます。
尚、プラセンタには副作用がほとんどないと言われており、それはラエンネックにもいえます。

ラエンネック P.O.

使用方法

成人は、1日2~3粒を目安に毎日お飲み頂くか、必要だと感じられた時に3~6粒お飲み下さい。
LAENNEC P.O.は、単独でお飲み頂いても結構ですが、医師の指導の元で他の薬剤や健康補助食品等と併用されても構いません。

発売元:LEPEI AMERICA, INC. Flushing, N.Y. 11355

ラエンネック P.O.

当院のプラセンタ治療を受けられた患者様の声

43歳女性
プラセンタ注射を始めたら、今まで乾燥肌で困っていたお肌がみずみずしく、しっとりに変わりました。
目のまわりの肝斑も薄くなってきたみたいです。この効果には大変満足しています。
36歳女性
疲れがとれ、よく眠れるようになりました。
またお肌の調子もよく、お化粧のりがよくなり、今後も続けていきたいと思います。
52歳女性
お肌の調子が劇的によくなり、乾燥しにくくなりました。お陰様で冬の時期、長年悩んでいた乾燥肌が改善されました。

ラエンネック P.O.と献血について

Q1: プラセンタとはなんですか?
A:胎盤のことをプラセンタといいます。
ラエンネックP.O.はヒト胎盤(プラセンタ)の注射剤と同様の安全性と抽出法にて製造したエキストラクトを100%成分としたものです。
Q2: ラエンネックP.O.を使用した場合、献血はできますか?
A:献血が制限されるのは、プラセンタ注射薬のみが対象になっています。ラエンネックP.O.には献血制限はありません。
Q3:プラセンタの内服薬、化粧品、ドリンク剤に献血制限がないのはなぜですか?
A:筋肉注射や皮下注射よりも理論上危険性が小さいと考えられており、献血制限措置の対象になっておりません。

参考資料: 日本赤十字社ホームページ

  • ヒアルロン酸
  • 歯ぎしり・小顔・顎関節症注射
  • プラセンタ
  • スキンピールバー
  • ガミースマイル
  • デンタスリム

デンタルクリニック ピュア恵比寿

住所
東京都渋谷区恵比寿1-7-13 只見ビル2F
アクセス
JR恵比寿駅・西口より徒歩2分

月・水・金10:00~20:00、 火・木15:00~22:00(※)
土10:00~18:00、 日・祝10:00~15:00
お昼休み 13:00~15:00 (日曜祝日はお昼休み無く診療しております)
※火・木曜は午後からの診療のみになりますので、ご注意ください。

親知らず治療
一般歯科
審美歯科
ホワイトニング
歯肉漂白
インプラント
矯正歯科
口腔外科
小児歯科
予防歯科
美容