コラム

一般歯科 2016/09/04

歯が抜ける原因でもある、本当は怖い歯周病~恵比寿・伊勢原 歯科歯医者のPUREグループ~

歯周病は歯そのものに起こる病気だと思われがちですが、実は歯茎や歯を支えるあごの骨など、歯のまわりの組織が細菌により破壊される感染症です。

あごの骨が細菌に侵され歯が抜けるのが歯周病です。わずか1mgの中に虫歯菌や歯周病菌などの微生物が1億個以上、ときには数億個以上もすみついているといわれていますが、これは丁寧な歯磨きで除去することができます。

歯周病は歯に歯垢が付着することから進行が始まります。一般的に歯垢はプラークとも呼ばれ、黄白色を帯びた粘着性の細菌の塊で、食べかすなどを栄養にします。

この細菌の塊はやがてぬるぬるした膜で保護されているバイオフィルムを形成します。台所の排水溝に付着するぬめりと同じようなもので、物理的にこすりとらないと取れません。
磨き残したプラークやバイオフィルムは、唾液のカルシウムとくっついて硬い歯石になります。
歯石の表面は粗くざらついているため、あとからできた歯垢が付着しやすく、さらに取れにくくなるのです。こうして膨大に増えてく細菌によって歯茎が炎症を起こし、さらに歯のすき間からどんどん奥へ侵入していくと、あごの骨まで溶かしてしまいます。

歯周病は初期から重度に進行するにつれ、さまざまな症状が現れます。気がついた時にはかなり進んでいると考えてください。歯周病は軽度から重度まで段階を経て進行します。次の症状がある場合は早めに歯科を受診しましょう。

・軽度歯周病<歯肉炎>
 歯と歯茎の間に歯周ポケットというすき間ができ、歯垢や歯石が付着し始めます。やがて歯茎に腫れや痛みが出たり、歯磨きや食事のときに出血することがあります。

・中等度歯周病
 あごの骨が破壊されて歯がぐらつき始めます。歯根が露出するので冷たいものがしみたり、出血や痛みなどの不快感もつきまといます。

・重度歯周病
 歯茎の化膿やあごの骨の破壊が進み、歯石でびっしりおおわれた歯根部が出るので、歯が長くなったように見えることもあります。歯がぐらぐらしたり、勝手に抜け落ちたりすることもあり、硬いものはほとんど噛めません。

このように歯周病は虫歯と違い、初期にはほとんど自覚症状がないので、サイレントディジーズ<静かなる病気>とも呼ばれています。歯を失うことになるケースが多いのは、気付かれないままじわじわ進行するためといえるでしょう。歯周病は定期的な検診によって予防することができますので、まずは口腔内の検診を受けることが重要になります。デンタルクリニック ピュアでは保険内で検診ができます。カウンセリングは無料ですので、お気軽にご相談ください。

▽カウンセリングご予約はこちらから
■恵比寿院
お電話でご予約
03-3442-1484

WEBでご予約
https://www.kanja.jp/017445tab9.html#tNavi

■伊勢原院
お電話でご予約
0463-93-1846

WEBでご予約
https://www.kanja.jp/017900tab9.html#tNavi