コラム

審美歯科 公開:

子供の歯並びが悪くなる癖とは?

お子様の歯並び心配されてるご両親多いとおもいます。

成長期の「お子様の癖」見てますか?
癖を直せば歯並びが悪くなるのを予防できるかもしれません。



子供の歯列不正




子供の癖で多いのが…

①指しゃぶり

1歳ぐらいから上アゴが成長します。
指しゃぶりをしていると出っ歯になる可能性や、上の歯と下の歯の間が常に指がはさまっている状態になり前歯が噛めなくなる開口になったり、歯と歯の間に指を入れすきっ歯になる可能性もあります。
大きくなっても指しゃぶりをしてるようなら止めさせるようにしましょう。



②口呼吸

鼻炎やアレルギーで鼻が詰まった状態ですと呼吸が口呼吸になります。
普通は口を閉じた状態で呼吸をするので舌の位置や噛む位置が安定しますが
口呼吸の場合常に口が開いた状態ですので噛む位置や舌の位置が不安定になり歯並びが悪くなります。
乾燥により虫歯にもなりますし、歯の変色や風邪もひきやすくなります。
鼻呼吸が難しい時は耳鼻科に行くのもオススメします。



③舌を前に出す

舌の定位置は上の前歯の裏ぐらいがいいのですが、舌を前に押し出す力で出っ歯や開口、なります。
歯と歯の間に舌を入れすきっ歯にもなります。



④頬づえ

机に肘をつきながら勉強してませんか?

頬を手で押し歯が圧迫され歯並びが歪んだりズレたりする可能性や、顎がズレて、顎関節症や顎変形症になったりする可能性があります。

日常生活でななにげない癖を直すだけでも歯並びはよくなります。
舌の癖などは直すのが難しいですが訓練すれば直せます。
子供は親の行動をよく見ています。
ご両親の癖も直せば自然と止めるかもしれません。
悪い癖は早めに直しましょう

まだ、小さな子でも歯並びが気になる方は矯正で治す事は可能です。

矯正も、一次矯正、二次矯正とあります。



一次矯正とは

不正咬合にならないように乳歯のある期間にできる矯正です。(乳歯、永久歯混合歯列でも可能)
アゴの成長期7~11歳ぐらいの間にできる成長期にしかできない矯正です。
指しゃぶり、口呼吸、舌癖などによる開口、出っ歯、うけ口など治せます。

EFライン、バイオネーター、床矯正、ムーシールドなどで治療



二次矯正

永久歯が生え揃ってから行われる歯列矯正です。(混合期でも可能です。)
インビザライン、ワイヤー矯正で治療

ニ次矯正をやる方がデンタルクリニックピュアには多くいらっしゃいます。

また当院は子役のお子さんが多く来院していただいており、歯並びを重要視される場合は、小さい頃から矯正治療をされています。

歯並びや成長状況で気になる方は、カウンセリングは無料ですので、お気軽にご相談くださいね。



詳しくはこちらをご覧下さい

恵比寿のクリニック
https://www.dc-pure.com/ebisu/service/tmd

伊勢原のクリニック
https://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic



子供の悪癖

CLINIC INFORMATION

デンタルクリニック ピュア恵比寿

住所
東京都渋谷区恵比寿1-7-13 只見ビル2F/5F
診療時間

月・水・金11:30~14:00 15:00~20:00
10:00~22:00
15:00~22:00
土・日10:00~13:00 14:00~17:30

デンタルクリニック ピュア伊勢原

住所
神奈川県伊勢原市板戸 267-6
診療時間

月・火・木・金10:00~12:30 14:30~19:30
土・祝10:00~13:00 14:00~17:30
水・日休診

公式サイト デンタルクリニックピュア
https://www.dc-pure.com/
ピュアビューティー
https://www.dc-pure.com/pure-beauty/

こんな記事も読まれています