コラム

小児歯科 2016/08/09

すきっ歯・後戻りの矯正について~恵比寿・伊勢原 歯科歯医者のPUREグループ~

すきっ歯、上の前歯の真ん中だけ空いている。子供のころはかわいさになりますが、大人になると気にしていらっしゃる方も多いです。このすきっ歯を治す方法の1つとして、ASOアライナーがあります。

ASOアライナーの適応は
すきっ歯<左右前歯の中心部が開いている正中離開など>
矯正治療後の後戻りに対する治療など、少しだけ矯正したい場合ASOアライナーをおすすめします。ASOアライナーとはインビザラインよりも軽度なもので、費用もお安いのですが適応範囲がありますので、必ずカウンセリングすることをお勧めします。
ASOアライナーとはマウスピースの弾性を利用して必要な矯正力を必要な部位に加えることで歯を移動させる仕組みです。

お口の型取りをして動かしたい歯を予測してセットアップ模型を作成します。この模型で厚さ0.020インチ<0.5mm>~0.030インチ<0.75mm>のラミネート板<ポリエチレンテレフタレート>を用いて装置を作成します。
ASOアライナーには3種類あり、ソフト⇒ミディアム⇒ハード もしくはソフト⇒ハード の厚さの違いを利用して装置から発現される矯正力をコントロールすることが出来るので患者さんは痛みを軽減することができます。ラミネート板の厚さは、ソフト0.5mm、ミディアム0.625mm、ハード0.75mmで装着したまま話すことも可能です。

治療全体では5~6mm歯列拡大が可能で、咬合する力を矯正力として利用します。噛みこみ運動をしてもらい歯列全体に矯正力を伝達させるしくみです。
新しいASOアライナーを装着した段階では歯に加えられる矯正力はまず装置と歯との点接触の形です。そして歯がある程度移動すると装置の弾性が弱くなると同時に矯正力が減少しやがて装置全体が歯面に密着するようになります。
もし装置が壊れてしまった場合でも、セットアップ模型を当院で保存しておりますのでASOアライナーを複製する事ができます。

このように、気軽にかつ目立たない矯正ができるASOアライナーをご希望の方は、カウンセリングは無料ですのでお気軽にご相談ください。

—————————————————
すきっ歯・後戻りの矯正のご相談はPUREグループへ
東京の方は恵比寿院へ
http://www.dc-pure.com/ebisu/service/orthodontic

神奈川県の方は伊勢原院へ
http://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic