コラム

インプラント 2016/10/13

インプラント治療なら部分入れ歯のバネも気にせずに、見た目もきれいに治せます

歯を失い、部分入れ歯の説明を受ける時、「バネが見えるのがちょっと・・・」「気になってしまうかも・・・」と思った人は多いと思います。先ず歯を失った時の治療法としてブリッジや部分入れ歯、インプラントといった治療法がありますが、「部分入れ歯」のメリットやデメリットについてわかりやすく説明していきます。

まず、メリットについてですが、ブリッジと比較すると両隣の歯を削らなくても良い(ただし、部分入れ歯の維持装置のために、わずかに削る場合があります)。また、どの部分の歯がなくても、いくつ歯がなくても対応可能です。ただし、よく咬めるかどうかは別です。

次にインプラントと比べるとまず、手術はしません。またインプラントの場合、顎の骨の形態により不可能な場合もあります(その場合、骨造成手術などが必要です)。金銭的な問題と治療の期間の長さも問題になってきます。

部分入れ歯のデメリットは、取り外さなくてはならないということや、食べカスが溜まって不快なことが挙げられます。他の歯にバネ(クラスプ)をかけて、部分入れ歯を固定するので抜けてしまった部分以外の健康な歯にバネがかかり、違和感を感じます。またバネをかけた歯にも負担がかかってしまいます。バネをかけた歯は入れ歯の動きを止めるもので、必ず入れ歯の動きは伝達されます。そうすることによって、いつの日にかその歯もぐらぐらと揺れ始めてしまうでしょう。さらにバネが見えて見た目が悪く目立ってしまいます。また、歯肉(歯茎)にあたって痛みが出る場合もあります。

日頃来院する患者様は「まだ入れ歯にしたくない。自分はまだそんな年ではない」と言う方が殆どです。これは入れ歯自体を今ひとつ受け入れられない患者様が多いということです。また、インプラント、ブリッジより咀嚼効率(咬む効率)が劣りよく咬めません。咬めないという点で全身に老化現象を及ぼすということも学会などで発表されています。

いつまでも若くありたいと願うのは誰もが思うことだと思います。わざわざ入れ歯を入れて早く老けこむということは是非避けて頂きたいと思います。

見た目も気にならないインプラント治療が最適です。

先ほどの説明の中で部分入れ歯はバネが見えてしまう点や咬む効率が劣る点を挙げました。そういった理由から、インプラント治療を希望される患者様が多いと実感しています。

インプラント治療は、保険外診療になり金銭的な問題もありますが、最近ではデンタルローンを組み、無理のないお支払いで治療を行っている方も少なくありません。また、手術の恐怖心を和らげるために静脈内鎮静法という手術方法もあります。麻酔医が手術に立ち会い、血圧や呼吸を監視しながら点滴によって少しずつ麻酔を入れる方法もあります。数分して麻酔が効いてくると眠くなっていきます。ただし全身麻酔ではありませんので意識がなくなることはありません。お酒を飲んでほろ酔い加減のようなうたた寝をしている感覚で手術を受けることが可能です。

また治療の期間ですが、今までよりも早く骨とインプラントが結合するHAインプラントを導入しています。インプラントにHA(ハイドロキシアパタイト)をコーティングしてあるので、インプラントと骨の結合をより早くより強固に骨と接着します。それによりインプラント治療の成功確率も高まります。見た目がきれいで、機能的にもまるで自分の歯のように硬いものを食べることができる。このような視点から考えると、インプラント治療は最適な治療法なのではないでしょうか。

インプラントのご相談はPUREグループへ
東京の方は恵比寿院へ
http://www.dc-pure.com/ebisu/service/implant
神奈川県の方は伊勢原院へ
http://www.dc-pure.com/isehara/service/implant

こんな記事も読まれています