インビザライン

インプラント

抜歯即時インプラントってご存知ですか?

歯を抜くのと同時にインプラントを埋入する治療法を「抜歯即時インプラント」といいます。 抜歯即時インプラントの場合、歯肉を切り開くことなくインプラントを埋入することが可能となるため、痛みや腫れを大幅に軽減できます。

また、通常歯を抜いてから骨ができるまで1年程かかり、さらにインプラントと骨が結合するまで半年を有しますが、抜歯即時インプラントの場合、骨の造成とインプラントの生着が同時に可能なので3~4ヶ月で治療が完了します。

当院ではHAインプラントにより、他院で不可能と言われた症例でも、抜歯即時インプラント治療を可能としております。
さらに、HAインプラントの場合、一般的なチタンインプラントでは半年くらいかかるところを2~3ヶ月程度で治療可能です。
※実際の症例により、不適応の場合もございますが、まずはお気軽にご相談ください。

当院の特徴

当院の特徴① ~他院でインプラント治療を断られた方へ~
通常の機器と比較して、安全で患者さまへの負担が少ないインプラント治療が可能な「ピエゾンマスターサージェリー」を導入しております。
この機器は軟組織を傷つけにくく、硬組織を選択的に切削できる超音波振動の口腔外科手術用の医療機器です。
サイナスリフトやリッジエクスパンション、インプラント埋入部位の形成、骨形成、抜歯など様々な口腔外科治療に広く応用することが可能です。

当院の特徴② ~歯科用CTスキャンによる精密検査~
歯科用CTスキャンされた画像は、3次元でより多くの情報を得る事が出来ます。
歯科用CTスキャンは撮影時間も短く、放射線量も少ないのが特徴です。
顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認ができます。
インプラントのみならず、矯正や根管治療、口腔外科治療など、歯科治療全般に広く応用する事が可能で、治療の安全性をより高めております。

当院の特徴③ ~再生療法による低侵襲なインプラント~
現在、骨造成の技術には様々なものがありますが、当院ではCGFとAFGを取り入れた骨再生療法を導入しております。
CGFとは患者さまの血液からフィブリンゲルを生成しますが、従来のPRPやPRGFよりも格段にスピーディに行えるメリットがあります。
AFGは非常に優れた治癒促進や組織増殖因子があるため、移植材として用いることで歯肉、骨再生の迅速な再生が可能です。 元より、患者さまご自身の血液や組織から成分を抽出するので免疫拒絶反応もなく、安全性では最も優れた技術とも言えます。

当院の特徴④ ~信頼性の高いインプラント体~
当院で使用するインプラントは、数多くの実績がある世界的に有名なジンマー社(アメリカ)の純正品を使用しております。
患者さまの状態によって、用いるインプラント体も変わりますが、ジンマー社のスプラインHAインプラントは欧米人と比較して骨格が華奢なアジア人向けに開発されたこともあり、抜歯後に即埋入できるというメリットがあります。

インプラントとは

歯の失われた部分にチタン製の歯根を埋め込んで人工歯の支えとするのが、インプラント(人工歯根)治療です。
入れ歯のように取り外したり、痛くて噛めないということはございません。
またブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要もございません。
インプラントによりご自身の歯と同様に噛めるようになります。

歯を抜けたままにしておくと・・・

歯を抜けたままに放置しておきますと、噛み合わせや見た目などに悪影響を及ぼします。
以下に項目別にご説明致します。

機能面(噛み合わせ)での影響

・ 抜けた歯にかみ合っていた歯が動いてくる。
・ 抜けた歯の両隣の歯が傾いてくる。
※上記の理由などにより、咬み合わせに異常を生じます。

審美面(見た目)での影響

・見た目はよくない。
・歯ぐきの位置が下がってくる。
・顔の輪郭が変わってくる、口元にしわが寄り、老けてみられる。

生活面での影響

・しっかり噛めないことで胃腸に負担がかかる。
・うまく発音が出来なくなる。
・噛めない事により、脳への刺激が減少する。

手術回数による分類

一回法
手術は一回で終了します。
口腔、顎状態によっては、その日のうちに冠を覆せることも可能です。
患者さんの治療費、外科的侵襲の負担は少なく済みますが、全ての症例への適応は出来ません。

二回法
全ての症例に適応出来ます。
2回にわたる埋入手術とアバットメント装着手術が必要な為、治療費、外科的侵襲等の負担が増しますが、確実な治療が出来ます。

インプラント・入れ歯・ブリッジの特徴

入れ歯やブリッジに抵抗のある方の為に、当院では、長年の研究と高度な技術のもとに開発されたインプラント(人工歯根)治療をお勧めしております。
インプラントとは、あごの骨に純チタン製の人工歯根を植立し、その上に人工歯を取り付ける歯の再建法です。
メリット
・天然の歯と同じ感覚で噛むことが出来る。
・天然の歯と変わらない、またはそれ以上の見た目となる。
・ブリッジや入れ歯のように回りの歯に負担をかけたり、削ったりする必要がない。

・噛んだときに歯ぐきに天然歯と同じように刺激が伝わるので、あごの骨が痩せない。

・発音や発生がもとのように戻る。 ・食べ物や飲み物が天然歯と同じくおいしく感じられる。
デメリット
・骨が無い場合高度な知識と技術が要求される。 ・歯を抜くのと同程度の手術が必要となる。 ・保険適用外である。

入れ歯とは?
入れ歯は、歯を失った部分の型を取り、そこに人工の歯をピンクの床の上にくっ付け、それ自体をバネで自分の歯に引っ掛ける簡単なものです。
歯をほとんど削る必要がなく、治療回数も少なくて済みます。
治療範囲によって、部分入れ歯や総入れ歯など方法が異なってきます。

メリット
・ブリッジでは対処できないような大きな欠損にも対応できる。
・治療が比較的簡単で、通常の入れ歯なら治療費も安い。
デメリット
・どんなに上手く作っても天然歯の20%~30%の能力しかない。
・固いものを噛むのに苦労することがある。
・食べ物が挟まって、口の中が不衛生になりやすい。
・歯ぐきに噛む刺激が少ないため、あごの骨が徐々に痩せてくる。そのため入れ歯の調整がその都度必要になる。 取り外して手入れをするのが面倒。
・がたつきがあったり、留め金が気になったりして、違和感を感じやすい。
・うまく発音が出来ないこともある。
・留め金が気になるなど見た目がよくない場合がある。
・部分入れ歯の場合、バネで支えている隣りの歯への負担が大きく、虫歯にもなりやすい。

ブリッジとは?
失った歯の部分の左右両隣の歯を削り、そこに人工の歯を橋のようにかけるように作りますので、基本的に義歯3本が1セットとなります。

ブリッジは、失った歯の箇所が少ない場合に適しています。

メリット
・違和感が少なく、噛む能力も入れ歯に比べると大きい。
・天然歯と変わらない審美的な修復が可能。
デメリット
・ブリッジを支えるために両隣の健康な歯を削らなければならない。
・ブリッジは基本的に乗っているだけの状態なので、食後にものが挟まりやすくなる。
・噛んだ際に歯の抜けた部分に刺激がなく、歯ぐきが徐々に痩せてくる。
・あごの骨が痩せると歯並びが悪くなることがある。
・支えになる両隣の歯に大きな負担がかかり、将来両隣の歯を失う場合がある。
・空気がもれて発音が困難になることがある。

インプラントを長持ちさせには

天然歯と同じでメンテナンスが大切

インプラントは、チタン製でとても丈夫ですので、問題なければ半永久的に機能します。
しかし、ただ入れただけでは普通の歯と同様に長持ちはしません。
インプラントの周りに汚れが溜まった状態でいると、歯周病のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてきます。
そうなるとせっかく入れたインプラントを抜く事になります。
このようにならないためには、家での正しいブラッシングケアと、定期検診によるチェックが必要です。
定期検診では、インプラントの状態・歯肉の状態・かみ合わせのチェックなどを行い、更に歯科衛生士が歯のお手入れを行います。

インプラント出来ないケース

次のようなケースではインプラントが出来ない場合がございます。詳しくは当院までお問い合わせ下さい。

・重度の歯周病の場合
・歯が抜けてそのままにしていた期間が長い場合
・噛み合わせに問題がある場合
・全身的な疾患があり、手術が出来ない場合
・治療後の定期的なメインテナンスが出来ない人の場合
・喫煙者
・若年者(18歳以下)
・ビスホスホネート系薬剤(BP)を使用している骨粗鬆症の方

※骨の量が少なくインプラントが打てない場合には、骨移植などを行なえばインプラントが打てるようになる可能性もあります。

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療は、すべてにおいて「安心・安全」を基準にしております。

豊富な症例実績
インプラントは今や多くの歯科医院で手がけているとはいえ、やはり高度で熟練した技術が必要な治療であることに違いはございません。

一般的なインプラント医が自らの技術を保ち続けるためには、日々数多くのインプラント治療を行なうことが必要となってきます。

当院の総院長は10年以上のインプラント埋入実績を有しており、毎年多くの素敵な笑顔に出会えております。

痛くない・腫れないインプラント(HAインプラント)
HA(ハイドロキシアパタイト)とは、リン酸カルシウムの一種で、歯や骨の構成成分で、当院では、生体親和性が高く、時間の経過に伴ってしっかりと骨と結合する「HA(ハイドロキシアパタイト)インプラントを使用しております。
HAインプラントにより、痛みや腫れがなく、治療期間の短いインプラント治療を実現しております。
尚、インプラント1~2本の埋入なら術後の鎮痛剤を飲まれない方もいらっしゃいます。
※尚、お痛みには個人差がございますが、概ね抜歯と同じか、それ以下のお痛みとお考えください。

チタンインプラント
チタン-骨界面の電顕像。両者はムコ多糖体タンパクを介してわずかなギャップが存在し、ミクロレベルでは完全に接触していない。

HAインプラント
HAと骨の界面にはCaが沈着し、両者は生化学的に直接骨結合する。これが“Biointeg ration”である。HAコーティングインプラントの意義はまさしくこのBiointegrationによるものと考えられる。

骨が薄いと他院さんでインプラントを断られた方のために

骨造成処置
インプラントを埋入する際に、土台となるあごの骨の高さや量が必要となります。
例えば上あごの骨は生物学的に上顎洞(サイナス)という空間があり、そのため上あごの骨は下あごの骨よりも少ないのが実情です。
また歯周病や長年の入れ歯等であごの骨が破壊されていたり、痩せている場合にも骨の量が少なくなります。 そこでここでは、当院で行っている骨の量を増やす(骨造成処置)代表的な3つの高度なインプラント治療法をご紹介致します。

ソケットリフト

顎の骨が薄くても5ミリ以上ある場合に行う骨造成処置です。
具体的には、上あごの骨にドリルを使って、穴を開けて、上顎洞まで貫通する直前でドリルをストップさせます。
そこからいわゆる金槌のようなもので、徐々に衝撃を加えながら、上顎洞粘膜に覆われている上顎洞を押し上げていきます。
作業で開けられた穴に、特殊な器具を使ってすき間なく骨移植材を詰めます。
これにより、骨が厚みを増し、インプラントを埋入した後の骨の強度を上げます。

サイナスリフト

上顎洞(サイナス)までの距離が5㎜以下のような薄い上顎骨では、ソケットリフト法ではできない場合等に用いる治療法です。
ソケットリフト法のように下から骨を持ち上げるのではなく、歯茎の横か上顎洞に向けて穴をあけて横から上顎洞粘膜を押し広げてその隙間に自家骨、及び人工骨を入れて骨を増やす治療法です。

GBR(骨組織誘導再生)

GBRとは、インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅がない場合に、骨の薄い部分を特殊な膜(遮断膜)で覆い固定することで、骨の再生を待って、インプラントの予後を確実にする治療法です。
通常は、インプラント埋入手術前に必要な骨を作ってしまうか、もしくはインプラント手術の時に処置を行います。

デンタルクリニック ピュア恵比寿

住所
東京都渋谷区恵比寿1-7-13 只見ビル2F
アクセス
JR恵比寿駅・西口より徒歩2分

月・水・金10:00~20:00、 火・木15:00~22:00(※)
土10:00~18:00、 日・祝10:00~15:00
お昼休み 13:00~15:00 (日曜祝日はお昼休み無く診療しております)
※火・木曜は午後からの診療のみになりますので、ご注意ください。

親知らず治療
一般歯科
審美歯科
ホワイトニング
歯肉漂白
インプラント
矯正歯科
口腔外科
小児歯科
予防歯科
美容