コラム

インプラント 2016/06/27

抜歯した日に埋め入れるインプラント「抜歯即時埋入法」~恵比寿・伊勢原 歯科歯医者のPUREグループ~

抜歯<歯を抜くこと>したその日にインプラントを埋め入れる方法があります。事故で歯根が折れた、あるいは歯根がだめになり、抜歯することになったので、インプラント治療を受けたい。そんな時、通常は抜歯後の傷が治るまでインプラントを埋め入れるのを待たなければなりません。しかし、待っている間にも歯を支えていた歯茎やあごの骨はやせてしまいます。このような問題を解決するのが、抜歯したその日にインプラントを埋め入れ、状態が良ければ仮歯の装着まで行う「抜歯即時埋入」という治療方法です。

目立つ前歯も、その日のうちに審美的に整えることができます。

 

抜歯即時埋入及び、当日に仮歯まで装着して使えるようにする即時負荷のメリットは、外科処置が1回で済むため身体への負荷が少なく、抜歯後の傷口の回復を待つ期間がないので全体の治療期間が短縮されること、さらに歯茎やあごの骨の退化を抑えられることなどが挙げられます。歯茎や骨の形状が維持できるので、本格的な人工歯をセットするときも噛み合わせの調整がスムーズです。

 

ただし、この治療方法をうけるためには、患者さんの骨の質や量が十分であること、噛み合わせに異常がなく、歯周病にかかってないこと、などの条件があり歯科医師が診断し、可能と判断したときのみ行えますので、ご希望の方はご相談ください。

 

抜歯即時埋入のメリット及び留意点

メリット

外科手術の回数が減り、身体への負担が少ない

治療期間が短縮できる

抜歯した部分の骨がやせないため、歯茎の形態が維持しやすい

 

留意点

歯周病などがあると受けられない場合がある

骨の量が少ない、骨質がもろい、噛み合わせが悪いなどの場合は受けられない。

この治療方法を導入していない歯科医院もある。

 

このように抜歯即時埋入にメリットがあり、さらに再生医療を併用するとより効果的な結果が生まれます。再生医療とはご自身の血液を採血させて頂き、これを使用することで人工骨と組み合わせて骨を再建したり、粘膜の再生の速度を早めたりと再生医療もかなり重要になります。当院では再生医療を十分活用してを施術いたします。

 

カウンセリングは無料ですので、お気軽にご相談ください。

—————————————————

インプラントのご相談はPUREグループへ

東京の方は恵比寿院へ

http://www.dc-pure.com/ebisu/service/implant

神奈川県の方は伊勢原院へ

http://www.dc-pure.com/isehara/service/implant

こんな記事も読まれています