コラム

インプラント 2016/10/17

即日できるインプラントはある?〜インプラント・入れ歯なら恵比寿、伊勢原のピュアグループへ〜

時間が無い方や、すぐインプラントをやりたいという方、「即時荷重インプラント」なら手術当日にキレイな仮歯が入ります。

「即時荷重インプラント」を簡単に説明すると、「インプラント埋入手術を行ったその日に、すぐにインプラントの仮歯が入れられる治療法」ということです。「ALL-on-4」や「即日インプラント」もこの術式のうちの1つです。1本の歯を失ったケースから、全部の歯を失ってしまったケースまで幅広く対応が可能です。

従来の、手術から仮歯が入るまでは2~6ヶ月以上かかった術式に対して、こちらは即日インプラントの仮歯が装着できます。見た目もすぐにキレイになり、軟らかい食事なら手術当日から口にできることもできます。

多くの症例報告と研究論文によって、その安全性と高い成功率も実証される、安心の最新インプラント治療法です。

「即時荷重インプラント」ができる4つの条件

「即時荷重インプラント」は、多くの利点を有する満足度の高い治療法なのですが、残念ながらこの術式は全ての方に適応できる治療法というわけではないのです。基本的には下記4つの条件を満たした場合に限り可能となります。

1.インプラントを支える顎骨と歯肉の質、量共にしっかりと存在している。
2.口腔衛生状態が良好である。または歯周病の治療がしっかりと行われている。
3.かみ合わせが安定している。且つ異常な歯ぎしり、食いしばりの習癖がない。
4.術後にしっかり医師の指示を守り、無理な使用を控えられる方。

「即時荷重インプラント」は、術直後のインプラントと顎骨の強固な固定が成功する必須条件なのです。そのため十分な顎骨の量や質(硬さ)が必要であり、前歯など見える部分の審美インプラント治療では、歯肉量や厚みの存在も、治療成功のための大切な要素となっています。
また、口腔衛生状態が悪く、お口の中が汚れている状態では術後に細菌による感染を起こしやすく、歯周病があれば術前にしっかりと治療して口腔内を清潔に保って多く必要があります。

さらに。治癒期間中の咬み合せは、非常に重要です。異常な歯ぎしり、食いしばりの習癖がある方は要注意とも言われています。術後はあまり固さのあるものは食べないように医師から指導がありますが、まれにこの指示に従わず無理なご使用をする方がいらっしゃいます。これは失敗の原因にもなり非常に危険です。

インプラントと骨が生着して安定するまで数週間ほど治癒期間がかかります。その期間だけはお食事には十分注意を払ってください。もちろん治癒期間を過ぎれば、固いものでも食べて問題ありません。

お忙しい方や審美的要求の高い方に最適

手術当日に動かない、しっかりとした仮歯が入れられる「即時荷重インプラント」は、治療期間が大幅に短いだけでなく、早期審美的改善をも可能にします。

そのため毎日仕事が忙しくて治療の時間がとりにくい方や、見た目を気にする審美的要求の高い方には大変多くのメリットがあります。いくつかの注意点を踏まえ、適切に施術すれば最良の治療結果を得られるでしょう。

もう1つ成功に必要な要素として、歯科医師の技術力が大変重要になります。この術式を行う場合、診断と治療のプランニングがとても大切です。施術の際は歯科医師の高度な知識と技術が必要不可欠です。つまり、どの歯科医院でも可能な治療法ではないので、医院の選択が非常に重要となります。

例えば術中に予期せぬ骨欠損があった場合、熟練歯科医師ならばインプラントと同時に骨増多術を併用する、という処置を臨機応変に対応できます。そのため歯科医師の技量はとても重要となるのです。

「即時荷重インプラント」を希望される場合は、インプラント治療経験の豊富な医師や、インプラント専門の医療機関にて、まずはしっかりとカウンセリングを受けることをお勧めします。

——————————————–
入れ歯・インプラントのご相談はPUREグループへ

・東京の方は恵比寿院へ
http://www.dc-pure.com/ebisu

・神奈川県の方は伊勢原院へ
http://www.dc-pure.com/isehara
——————————————–

こんな記事も読まれています