コラム

インプラント 2016/10/13

事故で前歯を損傷した場合のケース~インプラント・入れ歯なら恵比寿、伊勢原のピュアグループへ~

Q事故で前歯を根元から損傷。どんな治療ができるでしょうか?
A前歯部のインプラントなら、見た目も自然に治す事が可能です。

目立つ前歯も自然な仕上がりのインプラントなら安心

事故などで前歯を根元から損傷してしまった場合、通常では抜歯をしなくてはなりません。問題はその後をどうするかです。大きく分けると、取り外し式の「義歯」や「ブリッジ」、「インプラント」があります。
 まず取り外し式の入れ歯、「可撤性局部床義歯」は、残っている歯をほとんど削らずにできますが、クラスプと言い残っている歯に被せる金属装置が見えてしまい、装着感の悪さからくる発音障害や違和感があるケースが多いのですが、自分で取り外し掃除することができるメリットがあります。

ピュア恵比寿・伊勢原の入れ歯は、「見た目が自然」「装着の不快感が少ない」「無味無臭」のスマイルデンチャーを採用しております。
http://www.dc-pure.com/isehara/service/artificialtooth

 「ブリッジ」は、うまくできると違和感がほとんど無いことが多いのですが、両側の歯を削らなくてはなりません。場合によっては神経も抜かないといけないデメリットもあります。
 「インプラント」は残存歯を削らず、違和感もなく、咬合力も落ちないなどメリットが多いものの、入れる箇所の骨の量やインプラントの品質によっては埋入の難しさがかなり異なってきます。きちんと所定の箇所正しく埋入され、上部に入れる人工歯との咬合関係が正しければ、見た目にも感覚的にも自分の歯と殆ど変わらないくらいのレベルまで治療できるでしょう。

ただ、天然歯と完全に同じではないことは考慮しなくてはなりません。費用が高額なところが欠点ですが、「インプラント」はまさにあなたの体の一部となり得るものと言えます。それとメンテナンスを忘れずに行いましょう。歯科の中に歯科インプラントのみがある訳ではありません。他の治療も必要であればそれもきちんとやれる歯科医でないと治療に問題が出てきます。

——————————————–
入れ歯・インプラントのご相談はPUREグループへ
東京の方は恵比寿院へ
http://www.dc-pure.com/ebisu

神奈川県の方は伊勢原院へ
http://www.dc-pure.com/isehara
——————————————–

こんな記事も読まれています