コラム

インプラント 2016/10/13

インプラントのアフターケアやメンテナンスは必要?~恵比寿・伊勢原 歯科歯医者のPUREグループ~

インプラントのアフターケアですが、患者さん自身による毎日のブラッシングと歯医者による定期的な診察とクリーニングが欠かせません。

インプラントをより長く快適に使うために3カ月に一度の定期検診とクリーニングでケアしましょう。

まず、患者さんご自身で行うブラッシングケアが必要です。インプラントの周りは天然歯と比べ磨きにくいので歯間ブラシ、デンタルフロスや一束ブラシなどの補助清掃道具の併用が必要になる場合が少なくありません。
歯科医院で使用法を良く聞き実践してください。最初は面倒に感じるかもしれませんが慣れれば補助清掃道具を使用した方が早く確実に汚れを落とせるようになります。

定期検診もきちんと行くよう心がけましょう。検診でチェックするポイントは6つあります。
・インプラント周囲に炎症(インプラント周囲炎)が起きていないか?
・インプラントが揺れていないか?揺れている場合はインプラントフィクスチャー本体が揺れているのか?それともかぶせ物が外れかけているのか?
・ねじを使用している場合はねじが緩んでいないか?
・かぶせ物が割れたり、すり減っていないか?
・かみ合わせ相手の歯・隣り合った歯との調和はどうか?
・きちんとブラッシングできているか?
等があります。

インプラントの定期検診では視診だけではなく、レントゲン写真で骨とインプラントの状態を確認することもあります。定期検診の後は専用の器具を用いて普段のブラッシングでは落としきれない汚れをクリーニングします。その際に日頃のブラッシングのアドバイスを受けるようにしましょう。
インプラント治療は補綴物(被せ物)を装着したら終わりではありません。かかりつけの歯医者さんと歯医者でしっかりとしたアフターケア・メンテナンスをしていく事がとても大切です。

インプラントのご相談はPUREグループへ
東京の方は恵比寿院へ
http://www.dc-pure.com/ebisu/service/implant
神奈川県の方は伊勢原院へ
http://www.dc-pure.com/isehara/service/implant

こんな記事も読まれています