コラム

矯正歯科 2017/01/10

インビザラインをすると滑舌は悪くなる?~恵比寿・伊勢原 歯科歯医者のPUREグループ~

最新の矯正方法として注目されている「インビザライン」ですが、こんな噂をよく耳にするかと思います。

 

「インビザラインをすると滑舌が悪くなる…」

 

結論から言うと「滑舌が悪くなります」。
最新のマウスピースで薄いとはいえ、マウスピース=異物を口の中に入れるので、個人差はありますが、少なからず滑舌は悪くなってしまいます。

 

マウスピースの構造上、前歯が少し空いているような感覚があったり、舌がマウスピースに当たってしまい、た行の発音がしづらかったりなどがあります。
基本的に滑舌が悪くなってしまうのは、付け始めの一時的なものです。
ですので、少しの間、我慢することにより改善されていきます。


しかし、職業上どうしても滑舌が悪くなってしまうのは…という方も少なくはないかと思います。

 

インビザラインには滑舌が悪くなる以外にも、装着し始めは気を付けなくてはいけないことがあります。
慣れないうちは若干口が空いてしまうので、口が乾いてしまうという難点があります。
通常生活を送っていても、自然と口が乾いてしまい、水分補給をこまめにしなくてはいけません。

 

このように、最初は口腔内で苦労してしまうことが多くなってしまうので、やはり接客業などの人は苦労してしまうケースが多いようです。
仕事でどうしてもの人は、早口などで日々訓練していると慣れるのも早くなります。


他の対処として、マウスピースを外すことも可能です。
インビザラインの良い点として、すぐに外すことが出来るということが挙げられます。

 

こういった点を挙げると気になるのは、大体どのくらいで慣れてくるのか?
ということが多いかと思います。
大体の患者さんは約1週間ほどで慣れてきています。
中には「付けていたことすら忘れていた!」という方もいるくらいです。

 

すでに矯正をしているが、インビザラインに興味がある方、これからしようと考えている方も気軽に当院にご相談ください。

 

 


インビザラインなど矯正のご相談はPUREグループへ

東京の方は恵比寿院へ

http://www.dc-pure.com/ebisu/service/orthodontic

神奈川県の方は伊勢原院へ

http://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic

 

こんな記事も読まれています