コラム

矯正歯科 2017/01/10

インビザラインなら部分強制も可能~恵比寿・伊勢原 歯科歯医者のPUREグループ~

矯正治療で一番治したい箇所は、やはり「前歯」ですね。
前歯は普段見えないところで、喋ったり、表情を作ったときに初めて見える部分。
ここがきれいかどうかで受ける印象は大きく違います。

 

新技術である、「目立たない」「痛くない」「違和感が少ない」インビザラインでは、悩みの多い前歯の矯正をどのように行うのか気になる方も少なくないでしょう。
今回は、そんな「前歯」におけるインビザライン矯正について詳しくご紹介していきます。

 

インビザラインは前歯だけの部分矯正が可能です。
部分矯正とは、主に前歯の気になるところだけを、文字通り部分的に治していく矯正歯科治療の1つです。
インビザラインではワイヤーを使った治療とは違い、デジタルシミュレーションにて、動かす歯と動かさない歯を設定して治療することが可能です。

 

インビザラインによる部分矯正は下記のような方におすすめです。
・前歯がほんの少し傾いているのを治したい
・それほどでもないが出っ歯気味な前歯を改善したい・
・前歯の一部分だけが気になる
・前歯のちょっとしたでこぼこを治したい
・前歯のすきっ歯を治したい

 

このような前歯の多少のズレやでこぼこ、小さな隙間などを矯正するには、前歯だけの部分矯正に対応した「インビザライン・ライト」、または「インビザライン・i7」があります。

 

インビザライン・ライト、インビザライン・i7は気になる部分だけを治したい、少しの後戻りを治したい方には最適の治療方法です。

 

ライトとi7の違いは、アライナーと呼ばれるマウスピースの作製枚数の違いで、ライトは15枚まで、i7は7枚までという決まりがあります。
i7の7はマウスピースの数を意味しています。
移動対象となる歯は、前歯8本のみとなります。

 

矯正治療期間は約半年~1年以内。
歯並びが軽度の場合は、3ヶ月で治療が完了することもあります。

 

幅広い治療に適した標準のインビザライン(インビザライン・フル)と比較して、この新しい治療オプションは、製作できるマウスピースの数や治療期間に制限がありますが、従来よりもより安い費用で気軽な矯正治療が可能となりました。

 

部分治療のメリットは一般的な全体矯正とは違い、治療期間が短くて済み、治療にかかる費用も比較的安いです。

 

しかし、その分、治療後の仕上がりは、歯科医院の技術や経験により左右されがちです。
前歯1本だけが気になっていた方、ちょっとしたでこぼこや隙間が気になっていた方、当医院の無料カウンセリングで是非ご相談ください。

 

 


インビザラインなど矯正のご相談はPUREグループへ

東京の方は恵比寿院へ

http://www.dc-pure.com/ebisu/service/orthodontic

神奈川県の方は伊勢原院へ

http://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic

こんな記事も読まれています