コラム

矯正歯科 2017/01/10

出っ歯をインビザラインで治療する~恵比寿・伊勢原 歯科歯医者のPUREグループ~

画期的な歯科矯正システム、インビザライン。
「目立たない」「痛くない」「違和感が少ない」など、多くのメリットがあることについては、ご理解いただけたことでしょう。

 

良さについて実感していただいたうえで、皆さまが次に気になるのは、自身の歯の状態がインビザラインで治療可能なのかということだと思います。

 

インビザラインは、基本的には重篤な歯周病があったり、歯の数が少なかったりというような状態でなければ治療を受けることが可能です。
しかし、大丈夫かな?という心配は尽きないものでしょう。

 

今回はご相談が多く、インビザラインを利用できる場合とできない場合があり得る、「出っ歯」のインビザライン治療について詳しくご説明しましょう。

 

 出っ歯をコンプレックスに思い、お悩みの方は少なくないと思います。
治療方法は様々ありますが、一貫していえることは、前歯を引っ込めて治すという方法になります。

 

一般的な治療法としては、
・インビザラインとワイヤーを併用した治療法
・歯の裏側に装置を付ける裏側矯正
・ワイヤーブラケット共に白いものを使う審美矯正
のいずれかが最適です。

 

出っ歯におけるインビザライン治療は、基本的にインビザラインでの治療が可能ですが、重度の場合は残念ながら単体ではできず、他の矯正治療法と併用して行わなくてはなりません。


それぞれの出っ歯の状態に分けてご説明していきましょう。


・歯と歯の重なりが強く、前歯全体が前に出ている状態
→糸切り歯のひとつ後ろの歯(小臼歯)を抜いて、歯が重なっている部分をインビザライン矯正でまっすぐに揃えることにより、出っ歯は解消されます。

 

・骨格ごと、前に飛び出して出っ歯になっている状態
→この場合は、糸切り歯のひとつ後ろの歯にあたる小臼歯を抜いて、前歯全体をインビザラインできれいに並べます。

 

但し、歯をきれいに並べた後は、ワイヤーとの併用治療が必要です。
ワイヤーを敬遠される方もいますが、ワイヤーとインビザラインを併用した場合、ワイヤー治療単独で矯正治療を行うよりも、ワイヤーを使用する期間が短くなるので、併用する価値は多いにあるといえるでしょう。

 

現在では多くの歯科医院がインビザラインを行っています。
しかし、どこでもやっているからといってどこで受けても同じでしょうか?

 

インビザライン治療は、技術面でいえば簡単な治療では決してありません。
矯正治療の経験が豊富なところで治療をすることが大変重要です。

 

当院は地域実績の多さに自信があり、カウンセリングも無料で行っております。
出っ歯でお悩みの方は是非一度ご相談下さい。

 

 


インビザラインなど矯正のご相談はPUREグループへ

東京の方は恵比寿院へ

http://www.dc-pure.com/ebisu/service/orthodontic

神奈川県の方は伊勢原院へ

http://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic

こんな記事も読まれています