コラム

矯正歯科 2017/01/10

痛みが少ないインビザライン~恵比寿・伊勢原 歯科歯医者のPUREグループ~

「目立たない」「痛くない」「違和感が少ない」歯科矯正システムであるインビザライン。
今回は「金属アレルギーへの影響」と「痛みの少なさ」について詳しくご紹介します。

 

歯科治療では一般的に金属を使うことがよくあります。
保険治療での被せ物や詰め物はもちろん、歯科矯正でもワイヤー矯正には必須のものです。
ワイヤーを使った矯正治療を行うと、ワイヤーや歯の表面につけるブラケットには、金属が使われることがほとんどです。

 

歯科治療で金属を使用すると、必ず金属アレルギーを起こすわけではありません。
歯科治療に使用した金属が長期に渡り溶け出すことで体に取り込まれ、アレルギー反応を起こして金属アレルギーになる、というのが一般的な原因です。

 

金属アレルギーの方には、インビザラインは画期的なシステムといえるでしょう。
今までは矯正治療はワイヤー治療がほとんどで、治療に踏み出せなかったという方も少なくないでしょう。

 

しかし、インビザラインは透明なプラスチックでできたマウスピースであり、金属アレルギーの心配は一切ありません。

 

そして「痛み」が少ないこと、これもインビザラインの大きなメリットの1つです。

 

インビザラインは、従来の矯正装置と比較して痛みが少ない理由がいくつかありますが、そのうちの1つとして、一度に動かす量が少ないことが挙げられます。

 

インビザラインは10日~2週間の短い期間で、次のステップのマウスピースに取り替えていきます。
3Dシミュレーションで割り出した治療計画により、1個のマウスピースで移動させる歯の距離を小さく設計しているのです。

 

1個のマウスピースで動く歯の移動量は、0.25mmと定められており、過度な力がかからず、少ない痛みで矯正が可能です。
また、ワイヤーやブラケットを使用していないため、粘膜に当たる痛みや刺さる痛みは無く、金属があることによって口の中が傷ついたり、口内炎ができることはほぼありません。

 

痛みに弱い方や金属アレルギーによって矯正治療を諦めていた方がいらっしゃれば、インビザラインはそれらを払拭できる画期的な矯正治療システムです。

 

ご不明な点や心配な点がある際は是非当医院に一度ご相談ください。

 

 


インビザラインなど矯正のご相談はPUREグループへ

東京の方は恵比寿院へ

http://www.dc-pure.com/ebisu/service/orthodontic

神奈川県の方は伊勢原院へ

http://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic

こんな記事も読まれています