コラム

矯正歯科 2016/10/25

前歯が重なり合ってデコボコ。虫歯になりやすい?〜 恵比寿、伊勢原のピュアグループ〜

矯正歯並びをきれいに整えれば大丈夫です。
歯並びが整っていると、隠れていたむし歯が発見できます

重なり合った前歯は見た目が悪いだけでなく、食べ物の流れが悪くなり、歯が汚れやすく磨くのも難しくなる点が1番困る点といえるでしょう。
長い時間使ってちゃんと磨いたつもりでも、よく見ると殆どは重なり合っている部分に歯垢がしぶとく残っています。その付近の歯は黒ずんだ表面をしています。また、歯茎も腫れ易く、通常は健康なピンク色のところ、赤黒い状態になってしまいます。

こんな場合はむし歯金が非常に繁殖しやすい環境にあるといえます。心配なのは、こうしたむし歯がなさそうに見えて実はむし歯が隠れているケースです。
矯正治療を行って歯並びのデコボコがほどけていくにつれ、今までに見えなかった部分が少しずつ露見してきます。これにより、隠れていた虫歯がある発見することがしばしばあります。状態によっては隣り合った両方の歯に虫歯がある場合も少なくありません。
その場合は「虫歯があった」と落ち込むのではなく、むしろ早期発見を喜びましょう。考えてみてください。その虫歯は矯正治療を行わなければ深刻な状態になるまで発見されなかったはずです。仮に見つかっても、歯が重なりあったままでは、治療器具も届きにくい状態です。治療のために周囲の健康な歯も多少削ることも致し方ないとなってしまうのです。

しかし、虫歯がよく見える状態まで歯を移動してから虫歯治療を行えば、治療もしやすく、悪い箇所のみの除去が可能です。結果的に最も理想的な状態にできるのです。

また、歯並びがよくなると、食べ物の流れもスムーズになり、それにより歯垢が付きにくくなります。歯垢が付きにくくなることにより、歯磨きもより簡単にきれいにすることができるようになります。

その結果、虫歯になりにくくなるのはもちろん、健康的な歯茎も手に入れられますので、もうひとつの代表的な歯の病気である「歯周病」の予防にもなります。まさに一石二鳥です。

ただし、矯正治療は、ただ歯列を整えたら終わりではありません。矯正治療で得た「良い歯並びとかみ合わせ」が長く維持できるように「保定」という治療が必要です。これは「保定装置」という「歯を支える装置」で新しい歯並びとかみ合わせの定着を待つ時期に行う治療で、地味ではありますが非常に重要な治療です。

数か月に1回程度の通院でいいですが、その間は担当医の指示をしっかり守りましょう。

強制終了後も長く定期健診を受け続ける患者さんが多くいらっしゃいます。そのような患者さんには歯磨き指導や歯のクリーニングなどの歯周組織の管理も併行して検診を進めています。このような患者さんの中には、「矯正をしてから歯のトラブルが全然なくなった」「矯正する前は(友達と比べて)自分が一番歯が悪いと思っていたが今は一番良いと感じる」と言う意見があります。

かつてないほどの高齢化社会が現実になっている今、患者さんの多くが一生自分の歯で生活できる幸せを手にできるよう、矯正を素晴らしさを是非知って頂きたいです。

インビザラインなど矯正のご相談はPUREグループへ
東京の方は恵比寿院へ
http://www.dc-pure.com/ebisu/service/orthodontic

神奈川県の方は伊勢原院へ
http://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic

こんな記事も読まれています