コラム

矯正歯科 2017/02/15

インビザラインとこれまでの歯列矯正との違い~恵比寿・伊勢原 歯科歯医者のPUREグループ~

自分が人からどう見えているか、誰しもが気になることではないでしょうか?

顔・体型・髪型、人それぞれ気にする自身のパーツは違うでしょう。
その中でも、人の第一印象として見られる、「歯」を気にしている人も少なくないはず、、、

ここ数年で、歯列矯正の技術は非常に進歩しました。
矯正をイメージしやすい、銀のワイヤーを使ったものをはじめとして、マウスピースを使ったものなど、矯正治療の技術は今も進歩し続けています。

そんな中、今回紹介したいのは「インビザライン」という最新の矯正治療です。

インビザラインという言葉を耳にしたことがある方も増えてきているのではないかと思います。
インビザラインとは歯列矯正のひとつで、近年、最も注目を集めている治療法になります。

今回は、これまでの歯列矯正との違いを説明しながら、インビザラインの特徴を紹介したいと思います。

まず、なんと言ってもインビザラインは目立たないので、他人に気付かれること無く歯列を治すことができます。
これまでのワイヤーなどを使った治療法はどうしても目立つので、それを理由に断念した人も多くいました。

次に、インビザラインはマウスピースなので、簡単に自分で着脱することができます。

それにより、常日頃の食事の前に取り外すことで、矯正をする前と全く同じように飲食ができます。
歯磨きや口内ケアが、いつも通りおこなえるのもメリットといえるでしょう。

これまでの治療法だと矯正器具を取り外せないだけでなく、歯磨きや口内ケアも非常に困難な場合がほとんどでした。
さらに、時間をかけての治療ということで、治療期間や通院の回数なども懸念点のひとつではないでしょうか。

これまでの治療法は、治療を開始するときにおおよその治療期間を見積っていました。
だいたいの方が、1~2年はかかるといわれています。

そして通院に関しては、矯正装置を調整するたびに受診をしなくてはいけないので、月に一度程度は通院する必要があります。

それに比べてインビザラインは、治療を始めてから終わるまで、決められた段階での治療過程を画像や動画で確認できるので、自身の治療期間をその都度、明確に知ることができます。
通院に関しても、インビザライン専門のドクターによって患者さまの状態を的確に把握していくので、治療間隔の調整が柔軟な対応が可能です。

従来のものとインビザラインの違いは、今回紹介した以外にも、まだまだたくさんあります。
気になることや聞いてみたいことなどがある方は、お気軽に当院ピュアにお問い合わせください。

 

 


インビザラインなど矯正のご相談はPUREグループへ

東京の方は恵比寿院へ

http://www.dc-pure.com/ebisu/service/orthodontic

神奈川県の方は伊勢原院へ

http://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic

こんな記事も読まれています