コラム

矯正歯科 2017/02/15

気になるインビザラインの年齢制限~恵比寿・伊勢原 歯科歯医者のPUREグループ~

近年、大幅に普及してきているマウスピース矯正のひとつ、インビザラインについて色々なご紹介をしてきました。

当院ピュアへカウンセリングに来る患者さまの中で、「何歳まで治療可能か」と聞かれる方もいらっしゃいます。
何歳からできるのかは知られているかもしれませんが、何歳までというのはあまり知られていないかもしれません。
今回はインビザラインの年齢制限についてお話しましょう。

結論からいうと、基本的に矯正治療に年齢制限はありません。
歯を動かすには歯と顎の骨の間にある、歯根膜という組織の性質を利用します。
歯根膜と歯と歯茎が健康であれば、いくつになっても矯正治療は可能です。

一般的には、歯を支える顎の骨が健康な40歳くらいまでに行うのが理想とされています。
しかし、最近では、40歳を過ぎてから矯正治療に踏み切る人も少なくなく、中には60代になってから一念発起して始める人もいらっしゃいます。

インビザラインも同様で、口腔内が健康であれば、何歳でも治療を受けることができます。
ただし、年齢を重ねれば重ねるほど歯周病やむし歯のリスクが増えます。
40代は特に、歯と歯茎の隙間である歯周ポケットが深くなることで、歯周病リスクが上がってしまいます。

インビザラインは、1回で全段階のマウスピースを製作することができることが、1つのメリットでもありますが、逆をいえば、むし歯や歯周病を治療して少しでも歯の形が変わってしまうと、1から再度やり直さなくてはなりません。

年齢を重ねた方がインビザライン治療を受けたい場合は、しっかりと歯周病や虫歯治療を終わらせた上で、治療を開始することが大切です。
また、インビザライン矯正治療中でも途中で虫歯などにならないよう、歯磨きやマウスピースの掃除など、こまめな努力が必要です。

40代だからもう矯正はいいか、と思う方もいるかもしれません。
しかし40代だとしてもまだ人生半分。
歯並びをきれいにして、まだまだ楽しめる年齢です。

また、金銭的な余裕を考えると、40代から挑戦するのもありではないでしょうか?

インビザライン地域実績NO.1である当医院なら、幅広い経験を基に、年齢毎のリスク傾向を踏まえた治療計画をご提案できると思います。
是非お気軽にご相談ください。

 

 


インビザラインなど矯正のご相談はPUREグループへ

東京の方は恵比寿院へ

http://www.dc-pure.com/ebisu/service/orthodontic

神奈川県の方は伊勢原院へ

http://www.dc-pure.com/isehara/service/orthodontic

こんな記事も読まれています